坂本たけしの政策

東京で一番住みたくなるまち板橋宣言

若い世代に選ばれ、長く住み続けたくなるまち板橋をめざします。

  • 子育て世代にとっての魅力を増やし、安心安全ナンバーワンをめざします。
  • 魅力ある教育を推進し、すべての児童・生徒の学力向上をめざします。
  • 女性や若者が各々のライフスタイルで、はつらつと輝けるまちをめざします。

健康でいつまでもいきいきとくらせるまち板橋をめざします。

  • 超高齢化社会に適応した、健康でいきいきと活動できる健康寿命延伸をめざします。
  • 住み慣れた地域で、いつまでも安心してくらせる地域包括ケアを実現します。
  • スポーツを通じた、質の高い健康づくりを推進します。

スポーツ・文化・芸術・エンターテインメントを通じ、快適でにぎわいのあるまち板橋をめざします。

  • 東京2020大会を契機に、文化・芸術・エンターテインメントによるにぎわいを創ります。
  • 都内有数の産業都市として、板橋のさらなる活性化を図ります。
  • 想定外の災害に備えるとともに、自然環境にも配慮した、安心で快適なまちづくりに取り組みます。

板橋の未来に向け、人づくり、まちづくりに投資します。

  • 「環境都市いたばし」をCOP24、国連気候変動枠組条約締結国会議でアピールするなど、区の取り組み、魅力をさまざまな機会をとらえ発信します。
  • 東上線立体化をはじめ、大山駅周辺、上板橋駅周辺のまちづくり、そして板橋の玄関口として、板橋駅西口周辺の再開発を進め、にぎわいと利便性の高いまちづくりを進めます。
  • 中学生海外派遣事業などを通じ、マレーシア国との交流を深める等、いたばしグローバル化を図ります。

これまでの実績と政策をさらに発展させ、すべての区民の皆さんの目が輝き、誰もがいきいきとくらせる板橋区をめざします!